二の腕の脂肪吸引ができる|プルプルとして贅肉が付いてしまった

ウーマン

女性らしさの維持のために

医者

現在では、更年期になっても働き続ける女性が増えてきています。更年期とは、女性の体で女性ホルモンの分泌量が少なくなってくる時期のことで、一般的には50歳前後となっています。女性ホルモンは、女性の体を成熟させるという働きをしています。そのため女性ホルモンが多く分泌されるようになる思春期頃から、乳房が膨らむなど、体が女性らしく変化していくのです。そのため更年期になって女性ホルモンが減少すると、逆に体は女性らしくなくなっていきます。しかしこれは、ホルモン補充療法によって止めることが可能となっています。ホルモン補充療法とは、女性ホルモンを薬や点滴などで体内に補充するという治療で、これにより体内では女性ホルモンの量が保たれやすくなるのです。更年期になっても、女性らしく華やかに社会で働くために、ホルモン補充療法を受ける人は増加していくと予想されています。

ホルモン補充療法では、以前は合成された女性ホルモンが使用されていました。つまり、作り物の女性ホルモンということです。体内で分泌される女性ホルモンとは分子構造が異なっているため、それによる副作用が生じることがありました。しかし現在では、もっぱらナチュラルホルモンが使われるようになっています。天然の原料を使って、女性ホルモンと全く同じ分子構造になるように作られたホルモンです。合成ホルモンと異なり、ナチュラルホルモンは体にスムーズに受け入れられますし、体内では女性ホルモンと同じ働きをします。つまり効果が出やすい上に、副作用が生じる心配が少ないということです。このナチュラルホルモンが使われるようになってから、ホルモン補充療法はますます注目を集めるようになっています。